妊娠線は事前に予防する ~ 肌悩み対策委員会 ~

女性

肌のハリをアップする方法

女性

肌というのは徐々に衰えていますから、毎日鏡を覗いていてたるみが気になり始めたら、ハリを高める化粧品を導入してエイジングケアを始めましょう。コラーゲン不足が原因となっていますから、コラげーンを増やしてくれる成分配合の化粧品が最適です。

» 詳細へ

使い方が効果を上げるコツ

石鹸

肌を保つ為には適切なケアが必要でありその為に生まれたのが洗顔石鹸ではありますが、強力故に使い方を間違えると逆効果となるので利用方法を厳守すべきです。洗顔石鹸は肌質に合わせる形でも種類が分かれており乾燥肌向けに取っても必要ですが、それ以外の物も非常に高い効果を持つので使い方には注意すべきです。

» 詳細へ

安心して使用できる化粧品

女性

医師が作った化粧品として人気なのが、ドクターズコスメです。ドクターズコスメにはドラッグストアなどで買えるものと、クリニックでしか買えないものがあります。クリニックで院内処方してもらえるドクターズコスメのほうが濃度が高くなります。

» 詳細へ

妊娠した場合には

ママを悩ませる妊娠線のケア方法を紹介しているのがこちらのサイトです!参考にして、美しい体をキープしましょう!

皮膚の構造

女性

妊娠線をご存知でしょうか。妊娠線とは妊娠した時に皮膚にできる線のことを言います。主になにが原因でできるのかというと、急激にお腹が大きくなるため皮膚の伸びがついていけなくなり、できてしまうのです。皮膚の構造として、そと側から、表皮、真皮、皮下脂肪組織という順番に並んでいます。表皮はある程度伸びたりするのですが、真皮に関しては、伸び縮みすることができないため、そこに圧がかかり、割れてしまい妊娠線ができるのです。また、妊娠線はできやすい人とできにくい人で分かれるので特徴を知っておくと非常に良いと思います。できやすい人の特徴は、妊娠中に体重が12キロ以上増えてしまった人、もともと小柄だった人、35歳以上の人、一度妊娠を経験してる人などが当てはまります。

予防と対策

体重が増えすぎてしまった方やもともと小柄だった方は分かるのですが、35歳以上の人や一度妊娠を経験している人はなぜできやすいのかというと、年齢が上がれば上がるほど皮膚の再生能力が低くなっていくからです。また、一度妊娠を経験している人は、子宮が大きくなりやすくなっているため、急激にお腹も大きくなりやすくなっています。そのため妊娠線ができやすくなるのです。では、妊娠線ができないように予防するにはどのようなことをしたら良いのでしょうか。大切なこととして一番は保湿であります。足やお腹、腕などにクリームやオイルを念入りに塗り、保湿を心がけることが大切であります。特に冬場は乾燥しやすのでたっぷりとつけることが良いでしょう。最近では、オーガニック成分で形成された妊娠線予防クリームやオイルがあります。出産後のスキンケアや誕生した赤ちゃんの保湿にも使用することができる為、多くの妊婦さんから愛用されています。